近年、我が国ではなかなか赤ちゃんを授

近年、我が国ではなかなか赤ちゃんを授かれず妊活に苦労されているご夫婦も少なからずおられると思います。以前から、少子高齢化だと叫ばれていますが、子供を作りたくてもできず、悩んでいる夫婦は割合的には増加しています。



政府はもっと力を入れて出産や子育てをしやすい国に変わっていくべきです。

ビタミンB群の一つである葉酸は、空腹時に最も吸収されやすいため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは胃に何も入っていない食間なのです。一日分の摂取量を一度に摂るよりも、何回かに分けて摂っていくとより効果があることが実証されています。

一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、就寝前に摂ると、寝ている間に肝臓の血流が減少するため一番良いとされます。あなたは布ナプキンを知っていますか?布ナプキンと聞くと、洗うのが大変、漏れの心配があるなど使用に踏み切れないという方も多いです。
しかしながら、布ナプキンはその名の通り布でできているので、ムレやかゆみのような不快感が減り、冷えの防止にもなります。

なのでストレスを減らし、体を冷やしにくくするという女性にとっては、特に妊活をしていなくても、最優先して配慮すべきな子宮内の環境を良くするのに貢献するのです。

妊活を行っている女性は飲み物にも注意しましょう。

成分にカフェインを含む飲み物は受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり妊活をしている時には避けた方がいいでしょう。
体を温めるお茶で、しかもカフェインが入っていないものがよいでしょう。


具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方にも使われるたんぽぽ茶などが適しているでしょう。熱に弱いという特長がある葉酸は、普通の食事で必要量を確保するのは困難なことが多いので、必要に応じてサプリメントなどで補った方が良いでしょう。市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることが大事な条件です。

その成分が自分の身体を構成していくので原料が天然のものに由来していることや、香料や着色料などが無添加であることなどと、安全性にも配慮して選べれば理想的です。葉酸の添加を特長にしている食品は必ず特定保健用食品のマークがついています。

消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、入念な個別審査をしてから認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。
食品に特定保健用食品のマークがあれば、消費者庁の認可を受けていることの明らかな証明がされているため、葉酸を強化した食品を選びたいときにも商品選択の基準になりますね。妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。

妊娠中期にさしかかってからそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、お腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。



そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄分を摂るために薬を飲みましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合されたサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。
これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はけっこう見受けられます。

この便秘を防ぐためにも、腸の中の細菌バランスが整っていないと食事やサプリメントなどで栄養素を摂っても腸から吸収されなくなります。葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって身体への取り込みが正常に行われるので、葉酸などの栄養摂取とともに腸内環境を正常にすることも意識することが求められます。食材から葉酸を多く摂ろうとすると、代表的なのはレバーや枝豆ですが、身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、葉酸を多く含む食材にこだわるというのはとうてい現実的ではありません。

簡単に葉酸を多く摂ろうと思うなら、以前ブームになったスムージーがあります。


ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に飲みやすいようにりんごなどの果物、水分を入れれば良く、水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにハーブティーが好んで飲まれることが多いです。



これはどうしてかというと、第一の理由は体にいいということが言えます。一例として、冷え性や生理不順に対する効果が期待できます。
その他、ストレスを緩和させる作用もあります。
ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、その解消が期待できます。