私は結婚後、早く赤ちゃんが欲し

私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、どの本や雑誌を読んでも妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば障害の発生予防や発育の促進に役立つと、同じことが書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。
後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。
一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。なかなか妊活の結果が出ないと、心も体も疲弊していきます。ストレスは生殖機能に悪影響でそのまま続けていると負のスパイラルとなってしまうかもしれません。
そういうわけで、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。


事実、妊活を休んですぐ妊娠できたという場合も多いです。年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合ってちょっとお休みすることも賢明かもしれませんよ。

妊娠を望む女性にとって、できるだけ体の冷えは回避したいものです。

その主な理由は、冷えに伴う血行不良によって子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させる可能性があります。


冷えは妊活の大敵ですから、冷えを感じるようであれば、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めて、体に溜まった冷えをとって血行が良くなるように努力しましょう。



昨今、巷で「妊活」が話題となっています。

妊活というのは、そのままの意味で、妊娠するためになされる活動のことです。



もちろん、子作りさえすれば、必ず妊娠するということはないわけで、子を授かりたい夫婦にとっての確率を上げるための手段といえます。あわせて、健康な子供を授かるために行われる、いろいろな対策のことも含んで使われます。


葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が盛んに使われるためです。


どんな食材が、葉酸を豊富に含んでいるのか調べる余裕がない、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいと頭を抱える方は、青汁の他、栄養補助食品で上手に摂取すれば良いのです。赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。

妊娠前、妊娠中にはなるべく、体に悪いものを取り除いていかねばなりません。そういう意味でも、妊活中の煙草は厳禁です。リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、体にとっては有害です。習慣的にタバコを吸う方は、妊活だけでなく、禁煙も行ってください。ビタミンの中でも、水溶性ビタミンに分類される葉酸は食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。



そして、熱に弱いのも特長なのでうまく調理していかないと摂れる量は半分以下になってしまうこともあります。とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。


調理するときも、葉酸の性質を頭に置いて長い時間ゆでずに、湯通しで済ませるなど考えていくことが食材から葉酸を効率よく摂るために欠かせないと言えます。

近年の日本における先天性奇形の発生率は出生数に対して、およそ4%です。高齢出産などがその要因に挙げられますがそのリスクを低くできる栄養素が葉酸だといえます。
特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠している女性には、葉酸が特に必須のビタミンだと断言しても間違いはないのです。
子供を授かりたいと思うならば日頃から栄養のバランスを考えたいものですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。


葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく毎日補充しないと不足してしまう性質を持った栄養素なのです。



モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどからもたくさん摂取できるため、意識して毎日食べるようにすると、葉酸不足に陥ることは少なくなります。



ビタミンB群である葉酸は、レバー、ほうれん草などに豊富に含まれているのですが毎日食べ続けるのは無理な話で、所要量を満たすのは結構難しいことです。所要量の葉酸を毎日摂りたいと思えば、食事からの摂取のみで必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、上手に栄養補助食品などを使っていくべきです。

自分に合った方法を早く見つけ、葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。